CROSS OVER

児島デニム・アパレルOEM

PROCESS(製品工程)~⑤検反~

      2016/09/15

第5弾は「検反」です。

裁断から上がってきた生地を一枚一枚、

オリキズや汚れが無いかチェックします。

縫製が終わった後に、発覚してしまった場合、

その製品はB品になってしまいます。

また、縫製時に発覚した場合に作業が止まってしまう事になります。

そのようなリスクを避けるため、検反は必要なのです。

_B7A1447

↑オリキズ、ヨゴレを発見した場合、その場で裁ち代えます。

_B7A1430

↑検反と同時にウエストに印を付けます。

当社の工場では、ウエスト寸法を出す為に一枚ずつ印を入れます。

この作業によって、サンプル時と量産時の寸法の誤差を減らします。

第6弾は、いよいよ「縫製」です。
 

  1. 企画
  2. パターン
  3. 仕様書
  4. 裁断
  5. 検反
  6. 縫製
  7. 特殊
  8. 検品
  9. 加工 ⇒coming soon....
  10. 仕上げ ⇒coming soon....

 - BLOG, PROCESS