CROSS OVER

児島デニム・アパレルOEM

デニム生地の裁断の様子

   

 

職人による裁断の様子です。

インスタグラムで紹介したのですが、反応がいいのでブログにもアップしてみます。

裁断に使用しているこの手ノミは、職人による手作りです。

実際、裁っているところを初めて見る人も多いのではないでしょうか?

サンプルや少ない枚数ならこの道具を使って裁断します。

型紙を生地の上において、線にそって切って行きます。

絶妙な力加減でないと上手く切れません。

そして本物の裁断士は右手でも左手でも同じように切ります。

(弊社の職人はもちろん両方使いこなします)

この手ノミを扱える人間も数が少なくなってきました・・・

↑主に量産で使用する裁断機です。

工作の授業で糸のこのハンディタイプ?みたいな感じです

(表現が合ってるかわかりませんが・・・)

手ノミでは切れない、何枚にも重なった生地の時使用します。

こちらも相当な技術がいると思います。

岡山県の児島という地域は、昔は裁断士と呼ばれる職人が沢山いましたが、

高齢化もあり、減少していきました。

これからの世代に技術の継承をしていかないといけないですね。

 - BLOG